お役立ち情報詳細

予防医学で病気にならない体質をつくる

BY: 池田 由依

2023/08/27

あなたが健康でいたい理由はなんですか?

100人100通りの答えがあると思います。 皆健康になりたい思いは同じでしょう。 平均寿命が延び、健康寿命の延長が必要な健康万能主義ともいえるこの時代。 その中で、薬の専門家である薬剤師としての目線から、健康について伝えたいことを書いていきます。

 

🔳病気は薬だけでは完全に治らない

薬剤師として私が10年間薬局で働く中で一番痛感したことは、「薬だけでは病気は完全には治らない」ことでした。 もちろん病気の苦しみを減らしてくれる大切な薬ではあるけれども、ほとんどの場合は根本的に治してくれるわけではありません。

病気になる時とは

この社会を生きていれば、多くの病原菌や環境、ストレスなどに曝されることは仕方ありません。 病気になる時というのはどういう時か? 私達には自然治癒力が備わっているけれども、食生活・環境・性格などにおける偏りによる影響で、健康に弱点ができることがあります。 その弱点が検査値や体調変化などで表出してきたとき、病気が認識されるのです。

 

🔳病気にならない体質をつくる

頭痛が出たら頭痛薬、風邪をひいたら風邪薬、膝が痛くなったら湿布薬などの対処をしているでしょうか?

例えば、頭痛が月に10回起こっていたならばそれが5回になり、毎回薬を飲まないと耐えられない状態だったならば薬が飲まない日も出てくるようになり、気づいたら頭痛が出なくなっている。それが治ることであり「病気にならない体質」をつくることだと考えています。「病気にならない体質」は病気にならないだけでなく、自分の生活のパフォーマンスを上げることにもつながります。

「おじいちゃんおばあちゃんになっても健康に生きる」をテーマに薬剤師として薬に頼らないで生きる生活を実践できる人になるための情報を発信していきたいと思います。

251 VIEWS

Loading…