お役立ち情報詳細

「元気」ですか?

BY: 毒島 さち

2024/03/06

♡┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈♡  
 今日のあなたは「元気」ですか?
♡┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈♡

そう聞かれたら、「はい、元気です!」と自信をもって答える方もいれば、テンプレート的に元気と答える方、あれとこれと・・・と、挙げてみたら意外と不調が多いことに気が付く方、様々いらっしゃると思います。

昨今、誰もが忙しい日々を過ごしていますよね。
日々の「せねばならない」をこなすことが第一優先で、ついつい無理をしてしまったり、ご自身の体調を気遣う暇なんてない、という方も多いのではないでしょうか。
便利な時代なので、SNSなどで情報を簡単に受け取れる反面、仕事がお休みの日でも、至るところから無意識に大量の情報を受け取っていて、環境的な意味でも休むことが難しい時代だなと感じます。

★━━━「今日の体調」に目を向ける時間はありますか?━━━★

そもそも仕事に行けないくらい体調を崩さなければ、いちいち体調なんて気に留めない、というエネルギッシュな頑張り屋さんも多いかもしれません。
ですが、これから年齢を重ねていくにつれ、様々な変化が私たちを待っています。女性は7の倍数、男性は8の倍数で変化するともいわれていますよね。
20代はちょっとくらい無理しても沢山寝れば回復できたのに、30代になったらそうはいかなくなったり、気を付けなければいけない疾患も増えていきます。

例えば今、こんな不調はないでしょうか。

・朝すっきり起きられない
・寝たのに昨日の疲れを引きずっている
・何かあった訳ではないのに朝から機嫌が悪い
・疲れやすい
・気持ちは頑張りたいのに体がついてこない など

こういった不調は「未病」とも呼ばれ、体からの大切なサインですが、大したことはないと見過ごされてしまうことが多いです。
これが習慣になってしまうと、数年後には、例えば「朝すっきり起きられない」ことがご自身にとっての当たり前の状態になり、数十年後には、体のどこかに病気として現れてしまうかもしれません。

では、日々体調を維持しつつ、未病や病気から少しでも遠のくために、
今わたしたちにどんなことが出来るでしょうか。

⑅୨୧「自分のバロメーター」を知ろう ୨୧⑅

今何ができるか、これにはたくさんの考えがあり、答えがないと思うのですが、自問自答を繰り返した結果、いつもの状態、いわゆる「自分のバロメーター」を知っておくことが非常に大切という結論に至りました。
ある程度「自分のいつもの状態」を知っていれば、体の不調も、メンタルの不調も落ち着いて対処することができるし、場合によっては事前に対処可能なこともあるからです。

そして、それと同じくらい大切だと思うのが、お医者さんにいくほどではない未病は、”未病のうちに対処すること”です。
病気になる前には「未病」の段階が存在するといわれています。
「病気」として現れたときに初めて向き合うのではなく、日々のちょっとした不調、「未病」の状態で気づき、対処できれば最強だと思っています。

そのためには、コツコツ、習慣的にご自身の体調に目を向けることが必要になってきます。

ということで、次回以降のブログでは、ご自身のお身体に目を向け、バロメーターを見つけるヒントになるようなお話を書いていきます。
頑張り時だと思う今を思う存分頑張るためにも、お休みの日を思いっきり楽しむためにも、何事も「元気」であることが一番です。

少しでも、ご自身のお身体と向き合うきっかけになれば幸いです*

✄ - - - - - - - - - -漢方プチ余談 - - - - - - - - - -✄
「元気ですか?」という問いかけは、気血水*の気(エネルギー)は充実していますか?という漢方の用語なのだそうです。
*漢方医学では、人間の体は気・血・水で出来ていると考えられていて、「気」は目に見えないエネルギー・気力という意味合いがあります。
何気なくしている挨拶ですが、知らず知らずの間に漢方用語を使っていたんですね♪

136 VIEWS

Loading…